1.主弐(主オリジナルルアー)

主弐の特徴
全長 約8.5cm
体高 約3.8cm
幅  約2.0cm
リューギ(ピアストレブル 5)
ボンバダ(スプリットリング)
使用

主弐フローティングタイプ
重量 約30g~45g

※天然素材削り出しの為、重さに誤差が生じますがご了承下さい。

・上を意識した魚に対してやウィードが濃いエリアで水面直下を引いてくるのがノーマルでの使用法です。
・シャローエリア、特に厳冬期の使用時はフローティングタイプを板オモリでスローシンキングに調整し、ボトムを優しいタッチでスローに巻いてくる使い方をおすすめします。ゆっくり巻いていると(参考としてメタニウムノーマルギヤの場合、ハンドル一回転4~6秒)いきなりドン!と食ってきます。
※フローテング記載ですが、厳冬期の冷たい水温で使用の際は、シンキングになる場合がございます。 予めご了承下さい

・使い方は通常のバイブレーションと同様、ただ巻きで使用します。根掛かりしにくいという主弐の特性が、『物やウィードに当てて外す』という動作を通常のバイブレーションプラグよりもストレスなく行えるのでやりやすく感じていただけると思います。
(大切な注意点)フォール時にもアクションが入るルアーなのでどうしてもフックがラインに掛かり(エビになりやすい)です。着水後は『フリーフォールではなくテンションフォールでの使用』をお勧めします。
※ウッドの手削りの為、比重やアクションに多少の誤差がございますが、予めご了承下さい。